• HOME
  • 過去BLOG
  • 「最新」レトロデザイン DE ROSA neoPRIMATO Blue 特価販売!!

「最新」レトロデザイン DE ROSA neoPRIMATO Blue 特価販売!!
by: 前島裕

DE ROSAからまた新しい「蒼」生まれました。 ロードフレームの「原点」がここにあります。

 

DE ROSA neoPRIMATO Blue   IMG_1962.JPG

 

 定価¥205,800 → カスタム現金特価¥ASK!!! (マジでとてもお買い得な金額!)

いかなる素材が現れようと、スチールの魅力は決して色褪せることはない。「純」イタリアンスチールフレーム、ネオプリマートです。・・・美しい。

IMG_1964.JPG

直径わずか32mmのダウンチューブと丹念に塗装されたブルーの輝き、そして暖色系に塗り分けられたロゴ。これだけでDE ROSA neoPRIMATOの良さを表しているといえるでしょう。

新色のBlueを一言で評するなら「レトロ」です。2012年からタイムスリップしたかのごとく、このフレームに漂う雰囲気は1980年代のそれ(ちなみに調べたところ1985年モデルのリバイバル)。まさに「完成されたスチールフレーム」。

 

IMG_1969.JPG

まっすぐなトップチューブにUgoDeRosaのサインも控えめにあります・・・。

ヘッドマークに描かれたハートマークはこれまでとは少しデザインが異なっているようです。neoPRIMATOの中でもBlueのみの仕様。85年モデルはこうだったんですかね?

IMG_1974.JPG

 

ゆるやかにベンドしたフォークが細くてかっこいい!そして深い青がひたすら綺麗・・・。

IMG_1982.JPG

 

シートチューブにあるボトルケージ穴でさえ、この造型。

IMG_1984.JPG

さて、ここら辺で今更ですが、neoPRIMATOのフレームキャラクターについて少し。

フレーム単体重量1.80kg。現代に存在するロードフレームとしては「重い」の一言です。これは「DE ROSAではスチールの特長を最大限に活かすためには、一定の重量を下回ってはならない」という信念のもとで創られているからです。

身体に疲れを溜めさせない優しい乗り味と評されるスチールフレームですが、neoPRIMATOのフレームはそこに「芯の硬さ」を加えられてその完成をみます。時速20~35キロまでのスピードの伸びと持続性、安定感を得られるのが他のスチールと違うところです。また身体に馴染んでいくことによって快適性の高さが引き立ってくるのもスチールだけがもつ特性ですね。

レースをするわけじゃない、ロングライドを楽しみながらも、自転車と自分の身体で硬さや柔らかさ、剛性と快適性を感じながら走りたい方・・・そんな人にこそ薦められるのがDE ROSA neoPRIMATOです。

IMG_1970.JPG

 

まあ、単純に「見た目に惚れた!」で選んでいただいても、それはそれで十分な理由です(笑)。その証拠というわけではありませんが過去にあった同モデルの一部分をご覧下さい。

IMG_1988.JPG

 クリックすれば大きくなるので分かりやすいですが・・・ハートマークがちゃんと塗れてない(苦笑)。アジアの工場で作られているわけではないようですね?こんな「味」は手作りイタリアンブランドじゃなきゃ許されないですよ、ははは。(注、画像のズレがあったモデルは既に販売済み、現在庫分はキチンと塗られています)

カスタム店在庫サイズは50。水平トップチューブ長525mmで適正身長167~172cmくらいでしょうか?大雑把な値ですので当店BIORACERでしっかり計測しましょう。

今期も一応言っておきますか・・・。ハンドメイド小ロット生産のDE ROSAフレームとサイズが合うというのは「運命」です。

author:k.hamada 2012/6/2

前の記事へ