• HOME
  • 過去BLOG
  • (S)素早く (S)攻めて (T)闘う FUJIの刺客 わいわい特価!!

(S)素早く (S)攻めて (T)闘う FUJIの刺客 わいわい特価!!

もうすぐ春ですが、寒い朝には空気が澄んで、遠くの山並みがここ関東平野からも見えます。「日本の山」富士山もその一つ。


47d494c313ea7.jpg

今回はその富士山から名を得たブランドからこちらの特価フレームをご紹介!

FUJI SST 1.0

201203_2503.JPG

販売価格¥252,000 → ASK!!(店頭またはTELにて)

タイトルの「S・S・T」作文は適当です(笑)。信用しないように。

マットなカラーなのにバチっと決まったフルカーボンフレームが新宿カスタム店に登場。ハイボリュームなチューブは男性的な逞しさに溢れています。比較的シンプルな同ブランドのクロスバイクやピストバイクとのギャップがすごい!

201203_2509.JPG

 

剛性の高さを表すかのごとき、太いダウンチューブ。真ん中あたりで直径cmほどあります。

201203_2522.JPG

ヘッドチューブからBBに向かうにつれ太くなっていく形状です!まさに「剛」!! 

「対照的に後ろ三角は華奢」だったり・・・してないっすね。

201203_2518.JPG

シートステーは若干細身ですがシートチューブ&チェーンステーはかなりのボリュームです。あ、ちなみに下からピヨッと出ているのは、ワイヤーを内蔵する際に使用するライナーです。一台に組み上げれば外されます。

ISPも採用。シートチューブをカット後、「かぶせタイプ」のヤグラを装着します。装着後も上下の調整幅はある程度確保されるのでご安心を。

201203_2527.JPG

 フレームとの一体感向上と若干の軽量化に貢献します。

現在もの凄い勢いで多様化し、戦国時代を迎えているBB規格(笑)。FUJIが採用したのは…

201203_2532.JPG

 「BB86」…シェル幅86mmの大口径ながらシマノとの共同開発的な側面を持ち、純正のシマノBBが存在します!これで使うコンポは決まりましたね?
 

フレームキャラクターとしては「剛性ありき!レース向き、特に平地やクリテリウム」でしょうか?フォークブレードの形状を見ればエアロダイナミクスを意識しているのが伝わってきます。「今乗っているロードバイクじゃあちょっと物足りないぜ!!」という貴方にぴったり!          
201203_2519.JPGサイズはS/M(52)とM(54)で、それぞれ水平トップチューブ長は530mmと545mm。適正身長は168~173cm・174~179cmくらいでしょうか?ISP採用なので股下のサイズ計測など絶対に必要です。当社のBIORACERにお任せください。

日本で生まれたブランドが米国で育ち、世界で活躍する…そして今日本へまた帰ってくる。しかも超お買い得価格で!
 このチャンス、逃してはいけません!詳しくは店頭まで。

author:k.hamada

 

前の記事へ

次の記事へ