「真紅の王 3世」 DE ROSA KING3 RS 特価!!

DE ROSAのレーシングスピリッツを体現したかのような真っ赤なボディを持つ「王様」がこの度特価になって登場!このチャンス、見逃せない・・・!!

DE ROSA  KING3 RS

201112_0804.JPG

定価¥577,500 → 現金特価¥404,250!!!

 17万円ほど引かせていただきました!うーん「じゅうななまんえん」か、CAMPAGNOLOのCHORUSコンポ8点キットが15万ちょい、同じくCAMPAGNOLOホイール「BORA ONE」が販売価格で19万ちょいだったかな?つまりフレームを買えばこれらがタダで付いてくるようなものです。型落ちとはいっても2012年もKINGというモデルは存在するわけで・・・これはちょっと値引きすぎでは??

201112_0814.JPG

いや!価格の話は止めましょう。なんといっても「DE ROSAの王様」です!最高級モデルです!当然使用されているマテリアルは最高品質の東レやT800といった素材のミックスでその配分量までしっかり考えられているとのことです。ただのHM(ハイモジュラス)じゃないってことです。

このモデルはヘッドサイズが純粋にオーバーサイズだったのですね。上下異径のごつさはありませんがハンドル周りの剛性はばっちり。ハートマークは今日も美しい・・・。

201112_0811.JPG

当然ワイヤーはフレーム内蔵。もはやレーシングフレームの基本となりつつあります。

フォークも男らしくストレート!

201112_0813.JPG登りで力強くダンシングしてもけっしてヨレることなくガシガシ進みます!ハリキリ過ぎに注意!(笑)

三色に塗り分けられた後ろ三角はこんな感じ↓

201112_0806.JPG

インテグラルシートポストは見た目に美しく、フレーム構造的に優れたものですが、如何せん「人を選ぶ」!脚の長さを測定し「一定の長さ」に収まる方でないと乗車できません。逆にそこに収まる方こそKINGの「運命の人」です!

乗り味に関しては「硬い」です。そもそもKING3 RSの「RS」とはレーシングスペックの略(だったはず)。イタリアのプロ選手たちがガンガン乗り回しているモデルです!ポジションも前傾が深く取れるようにヘッドチューブが短めに設定してあります。剛性や反応性の良さは様々なレビューで絶賛されています。

お客様 「じゃあ・・・僕ら一般ライダーは乗っちゃ駄目なの?」

私 「それとこれとは話が別です!自分の感性に従ってください。」

そう。どんなフレーム、バイクだって結局は人が乗りこなすもの。DE ROSAのフラッグシップだからといってしり込みする必要は全くありません。せっかく特価になっているんです!夢に見た憧れの一台を組んでみるのも一興です。サイズは55.5SLで水平トップチューブ長525mmで適正身長166~171cmくらいでしょうか?

201112_0805.JPG

KING3 RS 「おう、俺っち、お前さんが買ってくれるのを待ってるかんな?よろしく頼むぜぃ~!」

私 「王様 ノリ 軽っ!!?」

author:k.hamada 2011/12/18

前の記事へ

次の記事へ