鮮やか過ぎるぜ GranTurismo by Wilier

これ、登録されているカラー名が「BLUE」なんですよね。「BLUE」かな?ま、カッコイイからいいか!!

  

IMG_3451.JPG

 

Wilier GranTurismo

¥267,000

現金払い時¥38,142分クーポン発行

 

IMG_3454.JPG

2011年より新たに登場したカーボンフレームです!二十万円台とは思えない独創的な形状は100年以上の歴史を持つイタリアンブランドならでは!

 

IMG_3461.JPG

薄~い造型のフォークブレード。

1人で走るときには空気抵抗がモノをいいます。空気の塊に真っ先に突っ込むフォークですから、ここがエアロ形状だとだいぶ大きな差が生まれます。

ところで、こんな薄くて、ヘッド周りの安定感はどうなの?

 

IMG_3452.JPG

大丈夫、ご安心下さい。しっかりしたボリューム、樽型のヘッドチューブが、フォークを強力にサポート。

ウィリエールは上位グレードに至るまで、最近流行の「上下異径ヘッド」を採用していません。

にもかかわらず、ダウンヒルの安定感はすごく高いとの評価。サイズをいたずらに大きくしなくても、ヘッド周りの安定感は高められるんです。

 

 

 

IMG_3456.JPG

一方でシートステーには、最近流行の「2本ステー+ブリッジ一体型」形状を採用。安定感と路面追随性をしっかりキープします。

写真上の方には「セミインテグレーテッドシートポスト」の文字が。

極端に言うと、ただシートチューブの位置が上まで伸びているだけなのですが、旧来の設計より剛性を上げつつ、サドル高の調整に融通を持たせてくれます。

 

IMG_3453.JPG

なぜかアルカンシェル入り(笑)。2008年だったかな?ウィリエールがロード世界選手権とったのは。

 

一般的にこの価格帯(25万前後)のカーボンフレームは快適ロングライド系に属しますよね。「廉価なカーボン素材を使用し、しなやかな乗り味に仕上げる」って感じです。

し・か・し!グランツーリズモはそのような単純なロングライド系とは違いフレームの一部に高級な東レカーボンを使用、素材の段階で剛性をしっかり確保し、その上で上記のような形状やシステムを備えているのでハードなレースへの参戦も可能。特に平坦基調のコースにはもってこいです!

サイズはS(水平トップチューブ長515mm)で適正身長164~170cmくらいでしょうか?セミインテグレーテッドシートポストの構造上、脚長めの方によく似合いそうです!いずれにしろ一度ご来店の上、BIORACERでの計測をオススメします。

45万円ぐらいで一台に組み上げるとちょうどいいかも・・・。 

author:k.hamada 2011/11/23

前の記事へ

次の記事へ