• HOME
  • 過去BLOG
  • 情熱の国から来た精緻 ROTOR 3D+などなど各製品入荷!

情熱の国から来た精緻 ROTOR 3D+などなど各製品入荷!

私たちから見た「スペインといって思い浮かぶ光景」って、ラテン系のひとたちがフラメンコをやったり闘牛やらサッカーに沸いたりする情熱的なイメージがどうも強いようです。

半面、ラテン系らしいアバウトな性格、というのも同時に思い浮かばれる気がするのですが、ところがどっこい、今回ご紹介するこちらのスペイン製品(群)は、日本人から見ても驚きの精緻さを備えている「工芸品」でございます。

 

 

IMG_7702.JPG

 

ROTOR 3D+クランク 他多数

 

 

 

楕円チェーンリングでその名を馳せるスペインのロトール(英語読みでは『ローター』)。

実は現在の楕円チェーンリングを製作する前には、もっと複雑な機構で同様の機能を果たす製品を開発していました。

そのとき培った精密加工技術を最大限に活かして製作されているのが、今回ご紹介する製品群でございます。

 

IMG_7621.JPG

 

3D+ クランクセット

¥60,900

 

ロトールの持つ金属加工技術が結集したのが、このクランク。

アルミ製でありながら、カーボンクランクをも凌ぐ軽さを持ち、同時に高い剛性も持った傑作です。

ベースとなった「3D」に最新の規格「BB-right」の技術をミックスし、さらなる高みに進化しました。

 

IMG_7625.JPG

 

IMG_7641.JPG

 

クランクアームには鍛造で造ったインゴットをCNC切削で造型するという、強度と精度を両立できる製法を採用。切削痕が美しい模様を描きます。

見た目には分からないのですが、アームにはドリルで中空加工が施されており、ゴツい見た目に似合わない驚愕の軽さを誇ります。

実測重量はおどろきの474g(170mm・110PCD、チェーンリング除く)。巷に溢れるカーボンクランクを凌ぎ、市場最軽量クラスにまでのぼり詰めました。

 

 

IMG_7651.JPG

 

最近氾濫している感もある、新世代BB規格。

このクランクは、市場に存在するあらゆるフレームに対応できる、ほぼ唯一の製品です。

軸の太さはBB30同様の30mm、対応シェル幅は68~86mmと幅広く受け入れ、実に8種類(JIS、ITA、BB86、BB30、BBright、PF30、BBright PF、BB386)ものフレームへの取付が可能。

どこのどのようなフレームにも取り付けが可能な、最高のパフォーマンスを発揮する3D+。

クランクの頂点に輝く最高傑作です。

 

IMG_7655.JPG

 

BB1&BB30TO24 ボトムブラケット

¥18,900(BB1)/¥22,050(BB30TO24)

 

クランクと同時期に発表されたボトムブラケット。

こちらにも、ロトールらしい精緻な加工技術が活かされています。

BB1はJISやITA、BB30TO24はその名の通りBB30のフレームに、それぞれホローテック2互換(同社の3Dなど)を取り付けるための製品です。

 

IMG_7670.JPG

 

切削痕がなまめかしいBBカップにインストールされているのは、当然のようにセラミックベアリング。

回転抵抗を極限まで抑え、かつ歪みに強く、BBに使うならセラミックしかない、というような素材です。

ロトールのBBの高い精度と併せ、あなたがペダリングしたパワーを、最も効率的に自転車に伝えるボトムブラケットです。

 

 

 

IMG_7686.JPG

 

S3Xサドル

¥17,220

 

ロトールでサドル、というとちょっと意外なイメージのこちら、独特の素材と仕上げで個性を発揮しています。

ベースにはしなりと強度をバランスするため、ポリアミド樹脂とカーボンファイバーを混合した素材を使用。さらにレールには、USA製の中空チタンレールを採用しました。

 

IMG_7677.JPG

 

表皮には格子模様の「アンチスリップゾーン」を設け、比較的フラットな形状でありながら安定感を確保しました。

 

 

IMG_7688.JPG 

重量はライト級の136g。ステムと同じ名を冠するこちらのサドル、ステムだけといわず、他のロトール製品と組み合わせて、トータルコーディネートにいかがでしょうか!?

 

 

IMG_7691.JPG

 

CHAIN CATCHER

¥2,730

 

最後にご紹介するこちらは、7075アルミを切削して造ったチェーンキャッチャー。

フロントディレーラーの台座に共締めして使うこちら、他社ではなかなか見られない肉抜き加工をしています。

重量は6g。わずかとはいえ、軽量化に余念の無いロトールらしい軽さを誇ります。

 

 ヨーロッパ諸国のほかの国とは似ているようで異なる、独特の雰囲気。

精緻さと力強さを兼ね備えたスペシャルなパーツが、ロードバイクに輝く個性を与えます・・・!

 

Author:T.Ishizawa

2011/10/17

前の記事へ

次の記事へ