• HOME
  • 過去BLOG
  • ANCHOR RFX8のコスパ最高! 特価ならさらにお買い得

ANCHOR RFX8のコスパ最高! 特価ならさらにお買い得

今まで黙ってて申し訳ありませんでした。実はカスタム店にものすごいお買い得なカーボンフレームが在ります。

 

 

IMG_6039.JPG

 

ANCHOR RFX8

メーカー希望小売価格 ¥170,000

ワイズロード現金特価 40%OFF!! ¥102,000

※カード払い時は¥110,500(35%OFF)となります

 

 


ブリヂストン・アンカーが、ロングライドにも対応する「高快適性」と、軽さを両立したモデルとして発表したのが、このRFX8。

時代の流れの中で剛性強化を果たし、様々なシチュエーションで使える汎用性を身につけました。

IMG_6055.JPG


積層こそ異なれど、ベースとなっているのは同社の上位グレード『RHM9』。

快適性重視のフレームといえど、基本性能をおろそかにするようでは、ロードバイク本来の楽しみをスポイルしてしまいます。

あくまでメリハリの中にしなやかさを織り込む事によって、「楽しく」そして「快適に」走るバイクに仕上げたのです。 

 

 

IMG_6041.JPG

 

フレーム単体重量は、アンカーのラインナップ中最軽量の1000g。

重量の軽さもさることながら、剛性をホビーライダー向けに最適化し、ヒルクライムでの上昇力を確保しました。


IMG_6044.JPG

 

一度モデルチェンジしたRFX8、その最大の変更点が、上位モデルにも採用されている「ドラゴンクローヘッド」。

菱形断面のトップ/ダウンチューブのエッジがそのままヘッドチューブにかかる形状なのですが、それがまるで「宝玉をつかむ龍の爪」のように見える、というのがそのネーミングの由来。


IMG_6056_600.jpg

 

特徴的なシルエットを見せるドラゴンクローヘッド。

チューブ同士の接合量を増やし、ねじれを抑える事で、ダンシング時のキレをひと味違うものにしています。



IMG_6046.JPG

 

フォークには、上位グレードの「RHM9」と同じものが奢られました。

ブレードの側面にリブが設けられているのがお分かりでしょうか?

フォークの剛性を強化し、腰砕けにならない踏ん張りを見せてくれます。



IMG_6048.JPG

 

緩やかな曲線を描くシートステー。路面の凹凸はここで吸収され、ライダーに不要なショックを与えないとともに、吸い付くような路面追随性を演出しています。



IMG_6052.JPG

 

一方で、踏力を逃さず推進力にすべく設計されているのが、BBからチェーンステーにかけての部分。

四角形断面のチェーンステーは、ヒルクライムにおけるあなたの貴重なペダリングパワーを、余す事なくタイヤに伝えてくれます。


 

毎日乗っても疲れを残さない範囲で、高い運動性能を与えられたRFX8。

これが10万円ちょっとで買えてしまうというのは驚愕。いいご時世になったものです。

フレームサイズは510mm。トップチューブ長は550mmで、身長176cm前後の方にベストマッチ(概算値。より精密なサイズ選びはBIORACERにてお選び下さい)します。

 もちろん在庫数は1本限り。夏が終わる前にご注文下さい!

 

Author:T.Ishizawa

2011/8/5

 

前の記事へ

次の記事へ