「最高の最剛」 COLNAGO EPS 40%OFF!!
by: 浜田 幸紀

レースに勝つことだけに情熱の全てを捧げてきたコルナゴの歴史、50年以上の歳月はとある一つのカーボンフレームを創りだしました・・・。

 

COLNAGO EPS MTBK

 201209_5438.JPG

 

定価¥577,500 → 新宿カスタム現金特価¥346,500!!!

 

 

2008年にデビューしたピュアイタリアンレーシングモデルが新宿カスタムだけの特別価格で登場!!今回紹介するのは2011年モデルです。60万近くするモデルも40%OFFならここまで下げられました・・・。「ハンドメイドイタリア」の価値を含めるとこれはもう限界価格と言えるかも。

 

201209_5441.JPG

 

イタリア生産であるにも関わらずセミインテグラルヘッドシステム、内蔵リブ加工、トリプルバテッドカーボンパイプの数多い新開発技術を投入し、アジア生産にシフトしつつある全てのブランドを仰天させたCOLNAGOの意欲作!そんなEPSの乗り味の特徴は「ザ・高剛性」。スプリントやアタックの際、踏み込めば圧倒的に進むことを約束されたモデルです。そういえば新城選手も当時(ブイグテレコム時代)使用していましたね。

 

17-1.jpg

 

フレームは丸パイプです。このシンプルさが逆にカッコいい!エアロダイナミクスを追求する現代のカーボンフレーム界とはその立ち位置自体が異なります。そして注目すべきはその丸パイプの接合部・・・

 

201209_5448.JPG

 

201209_5444.JPG

カーボン「ラグ」!!スチールの時代から受け継がれた技術をここでも輝かせてきます。手間も時間も、そしてコストもかかるこの製法を採用している時点で、もう他のカーボンフレームはかないません!(「争えない」の表現の方が適切?)

 

フロントフォークは中心に膨らみを持たせたストレートタイプ!!これもCOLNAGOの伝統を脈々と受け継いできている形状。剛性重視なのでハードなブレーキングやクイックなハンドリングはお手の物。

201209_5443.JPG

 

後ろ三角にはCOLNAGOオリジナルシステムB-STAY!振動吸収性重視というよりはパワーの伝達能力に秀でている形状かな?

 

201209_5446.JPG

 

まるでふくらはぎのようなチェーンステー。BB付近もちゃんとラグで接合。(ここで豆知識!一部COLNAGOフレームのシリアルナンバーはBB下ではなくエンド内側に刻印されている!)

 

見た目のシンプルさと裏腹に様々な能力を内側に秘めています・・・。「新しさと古さをとても高いレベルで融合した結果生まれたフレーム」・・・それがEPSです!!フレームサイズは500Sで水平トップチューブ長540mm。適正身長で171~177cmくらいでしょうか?

 

EPSは基本的に「レース機材」です!コルナゴの精神にきわめて忠実に従った高剛性であることはまごう事なき事実・・・!それゆえに60万近い価格設定でした・・・。だがしかし!!今回の特価なら・・・「最高」あるいは「最剛」のモノを手に入れるチャンスはより多くの方にあると思うのですが、いかがでしょうか?

 

前の記事へ

次の記事へ