フラッグシップ かくあるべし! BOTTECCHIA EMME2

はい、こちらが昨年のジロにて見事山岳賞を獲得した「ステファノ・ガルゼッリ」(アックア・エ・サポーネ所属)。

garzelli.jpgイタリアチームのイタリア人が駆るバイクのフレームは当然イタリアン!彼からのフィードバックを大いに受けたフラッグシップとは・・・

 

BOTTECCHIA EMME2 TEAM GARZELLI

201112_1001.JPG

販売価格¥525,000(現金払い時¥75,000分クーポン券発行!!)

イタリアの国旗を髣髴とさせる、というより「そのまま」な派手派手カーボンフレームが登場!素晴らしい存在感!この「EMME2」のイタリアントリコロールに偽りなし!設計・試作・生産・塗装すべての工程をイタリアにて行なわれております。本物のMADE IN ITALIAを貫くモデルなのです。

201112_1005.JPG

 ヘッドチューブに鷹も誇らしく、その翼を広げます!テーパータイプのヘッドチューブでバイクの安定性とフロントの剛性を確保。

3Kモノコックカーボンのフロントフォークには・・・

201112_1006.JPG

でかでかと「EMME2Team BOTTECCHIA」と入ってきてます。ほぼストレートに近い形状です。ヒルクライムやスプリント時の反応性に期待が持てます。

後ろ三角も見ていきましょう。

201112_1011.JPG

 こちらもバッチリ塗り分けられています。BBはJISです。これはもう「最近流行のセラミックBBを入れろ!!」ってことですね!JIS規格のセラミックBB多数在庫しております。

チェーンステーは縦長にボリュームありで!パワーを無駄なく伝えるよう設計(←もちろんイタリアで(笑))!

201112_1012.JPG 201112_1016.JPG

 

対してシートステーは・・・細く平らにできています。振動吸収性のアップに貢献します。

201112_0999.JPG

って!スポンサーロゴがびっしり入ってるじゃないですか!?かっけー!!やっぱりこれですね!「TEAMモデルの特権」ともいえるプレミアム感がたまりません!!実際に組み上げる際はこれらのブランドを使ってはいかがでしょうか?

冒頭に紹介したようにこれは本場イタリアでプロ選手達のフィードバックを受けて開発されたもの!その証拠がこちら↓

201112_1003.JPG

ロード界全体の2011~2012年のフレームカラーの特徴として、最上機にはマットブラックモデルを用意するみたいな傾向があります。見た目に迫力が出て、若干軽量化できるからなのでしょうが・・・今回のEMME2はそれとは真逆!!

201112_1009.JPG

「これぞイタリア」という雰囲気をハッキリ主張してくる!これがこのモデルのなによりの格好良さです!!走れば誰もが振り向く一台が創れる、ボッテキアの最高傑作です。

サイズは44。水平トップチューブ長520mmで適正身長162cm~168cmくらいでしょうか?日本でこれに乗れる人はほんの一握りですよ!是非新宿カスタム店でEMME2の迫力を感じてみてください。

Author:K.Hamada

2012/03/05

 

前の記事へ

次の記事へ