伝統と実績のチェレステ・・・じゃない!? BIANCHI 928SL IASP

イタリアの歴史あるロードバイクブランド、といえばまっさきに挙がる名前がビアンキ。

そんなビアンキのイメージカラー「チェレステ」を・・・あえてほとんど纏わない、こちらのフレームが入荷いたしました。

 

 

 

IMG_0057.JPG

 

BIANCHI 928SL IASP

¥294,000

※現金払い時、クーポン券¥28,000ぶん発行

 

そもそもチェレステってどんな色なのよ!?とお思いの方、「チェレステ」っていうのは「空色」って意味なのですが、イタリアのマルゲリータ王妃の瞳の色をモチーフにしたとか、その日のミラノの空の色を参考に職人が調色しているとか、アレな伝説には事欠きません。

実はこの928SL IASPにも、わずかながらアクセントに入っているチェレステ。

イタリアの伝統の業を伝えるカラーです。

 

IMG_0074.JPG

 

バイク全体は、華美な印象を受ける細身のシルエット。少し強めのスローピングが低重心化を助けています。

ヒルクライム性能を重視したモデルだけあって、フレーム単体重量は1017g(実測)と、インテグラルシートポストとしては充分すぎるほどの軽量さ。

バイクを振ったとき、あなたはこの軽さを最大限に体感できるでしょう。

 

IMG_0090.JPG

 

一見華奢に見えるフレームですが、要所要所を「人類が手にしうる最強の素材」とも言われる「CNT」で強化。

強度に関する心配は、このフレームではご無用です。

 

 

IMG_0071.JPG

IMG_0084.JPG

 

いまどき流行りの「オブリーク(=弓なり)形状」など知らぬ、と言わんばかりのストレートなトップチューブ。チェレステがごくわずかに入っているのがご覧いただけるでしょうか。

このバイクに求められている、素直できびきびした反応性を実現するための一番確実な形状です。

 

 

IMG_0065.JPG

 

ピンヒールみたいな細身のフォークは、その名も「FC09 Full Carbon HoC」。

山岳用に特化したことを示すその名と、フォークに入った「superleggera=超軽量」の通り、下玉押しまで込みで319gと軽量。

もちろん強度や性能を犠牲にした軽さではありませんので、峠の登りから下りまでガンガンお使いいただけます。

 

 

IMG_0080.JPG

 

一体型のシートポストも、軽さを最大限に達成するためのスペック。高さの微調整は付属のスペーサーを使って簡単に調整できます。

軽さや剛性アップもさることながら、この一体型のシートポスト最大のメリットは「カッコいい!」ってところに尽きると思うのはわたくしだけでしょうか?

 

 

IMG_0075.JPG

 

後ろ三角もスッキリした印象ながら、他の部分よりは曲線的な印象。

下半分、チェーンステーは断続的に変化するボリュームで強さを、上半分のシートステーは緩やかな曲線で踏ん張るしなやかさを獲得しています。

スパスパ登り、常にタイヤを路面に押し付けるための工夫が形状に現れています。

 

 

 最近流行の曲線的造型に真っ向から逆行するようなフレーム。

そんな造型ですら美しく仕上げてしまう、イタリア人のセンスが垣間見える一台です。

今回入荷したのはサイズ50。トップチューブ長は525mmで、おおよそ166~174cmくらいの方むけでしょうか。

あ、しばらく声がかからなかったらわたくしが買ってしまうつもりですので、気になった方はそっとしておいてお早めにお申し付けくださいね!

 

Author:T.Ishizawa

2011/11/10

前の記事へ

次の記事へ